浦和レッズ

日常に浦和が戻ってきた!天皇杯ラウンド16へ進出! vs松本山雅(天皇杯3回戦)

お久しぶりです!

ども
約1ヶ月ぶりに登場しますぽんです。

ご無沙汰しております。。。
皆さまお元気でしたでしょうか?笑

私は本業のお仕事が絶望的に忙しく。。。気が休まらない日々が続いておりました( ; ; )
そんな中でもW杯は時間を見つけてできる限り見てました。(記事書きたかった。。。)

ただ浦和が日常に戻ってきてくれたのでこちらはムリやりにでも記事書きますよ(笑)

天皇杯3回戦。アルウィンで行われた「松本山雅」戦を振り返っていきましょう!

<スターティングメンバー>
GK 西川
DF 遠藤、マウリシオ、槙野
MF 青木、柏木、橋岡、宇賀神、武藤、マルティノス
FW 興梠

注目のシステムは3バックを採用。

オリヴェイラさんが得意だと言っていた4バックで中断明けは行くんだろうなぁ〜と思っていましたが3バックでしたね。

ここは柔軟性があるのか?それとも4バックが思ったより浸透しなかったのか?ここは今後に注目ですね。
さらにW杯帰りの槙野・航も揃ってスタメン!!さすがにこの試合は出さないかなと予想していたので個人的には驚きました。。。

前半:重い動きもセットプレーが最大の武器に

1−1

<得点者>
42分 マウリシオ(浦和)
10分 永井(松本)
立ち上がりは久々の公式戦もあいまって重い立ち上がり。試合のペースに入っていけないような印象でした。

J2首位の松本に主導権を握られるとサイドを完璧に崩されてあっさりと失点。。。
もう少しうまく試合に入ってくれるかなと期待したのですが、ちょっと期待外れでしたね。

先制されてからも松本のペースが続きましたがここはうまく我慢して流れを徐々に引き寄せます。

攻撃は主に右サイドから。今や完全な浦和のレギュラーとなった橋岡くんを使います。

マルちゃんへの決定機を生み出した動き出しとパスは秀逸でしたね。(というかマルちゃんはあれを決めずにどうするの。。。)

縦パスの意識も高く「攻撃の形を作る」のは中断前よりかなり改善された印象でした。

さあ流れがよくなると同点ゴールが生まれる可能性は高くなります。

陽介の右CKはファーサイドへ。槙野が打点を高くヘディングで折り返すと最後はマウリシオが沈めて同点!
失点の汚名返上の同点ゴールでした。中断前からセットプレーは武器になっていましたが、

継続的に結果を出せているのは素晴らしいですね。
今後も期待です!

いい流れで同点に追いつき前半を終えます。

後半:阿部ちゃんが影のMVP!陽介の精度抜群!

2−1(1−0)

<得点者>
85分 マウリシオ(浦和)

後半は浦和がペースを握る時間帯が続きます。

ボールを保持して縦への意識や裏への意識も継続していたので「まあゴールは時間の問題かな。。。」と思っていましたがなかなか割れません。

特にマルちゃんに変えて阿部ちゃんを入れたところからは攻勢に次ぐ攻勢!
ほとんどのポジションに阿部ちゃんが顔を出してリズムを作ってくれた印象です。

ただ流れの中からだとアタッキングサードまでは運べるのですが最後の精度が。。。
悪くないのですが物足りないというところですね。

それでもセットプレーという「強み」があるのが今の浦和の良いところ。再び陽介のCKから航が頭で合わせてポスト直撃の惜しいシーンを作ると。。。

85分、ついに歓喜の瞬間が訪れます。

全く同じCKから合わせたのはマウリシオ!!
相手DFに競り勝ち見事な逆転ゴールでした。

試合はそのまま終了。ラウンド16へ無事に進出しました。

次節:vs 名古屋グランパス(J 第16節)

久々の公式戦で試合勘が戻ってきていないところはありましたが、J2首位相手に90分で勝ち切ったということは良い傾向です。

先制された時はお得意の「伝統芸能」を予感しましたがなんとか。。。
9年前の悪夢もチラッと顔を見せましたが勝ててよかったですね😅

攻撃の形もだいぶスムーズになっていたのでリーグ再開が楽しみになってきました!

天皇杯の次の相手は「東京ヴェルディ」
そしていよいよリーグ再開!相手は「名古屋グランパス」です。

リーグ再開初戦!勝って良い流れを作りましょう!!

ではまた。

ABOUT ME
ぽん
ぽん
札幌在住の浦和サポです。(浦和出身) 埼スタでは基本ゴール裏から観戦。浦和に関して思ったこと・感じたことを素直に書いています。 Jリーグ大好きで浦和以外の試合も観戦多めです。海外サッカーはニュースで見る程度。代表戦も時間が合えば。 夢は浦和レッズのシーズン全試合を現地観戦することです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください