浦和レッズ

圧倒的完敗 vs川崎フロンターレ(J1 第13節)

崩壊…決壊…バラバラ…
どんな形容詞が今、一番当てはまるでしょうか?

ども

ぽんです。

今回は「浦和とぽん」です…
またもバランスが崩れ…大量失点。崩壊が止まらず底がさらに見えなくなってしまった「川崎フロンターレ」戦を振り返っていきたいと思います。
前向きに次!という言葉を発することすらできなくなってきました…

<スターティングメンバー>
GK 西川
DF 森脇、遠藤、槙野
MF 関根、阿部、宇賀神、駒井、興梠、柏木
FW ラファエル・シルバ

表記上は3-6-1ですが、宇賀神選手を左サイドバック、森脇選手を右サイドバックに配置。
前線では興梠選手とラファ選手を2トップとして起用する4-4-2にシステムを変更してきました。

前半

2-0 16分 小林 29分 阿部(川崎)

  • システム変更してどうか?
  • 簡単に中央を破られる守備

4-4-2の布陣で挑んだ前半でしたが、やはり動きはチグハグしてます。
選手同士がどう動いていいかわからない印象を受けました…
そんなチームを川崎さんの攻撃陣が見逃してくれるわけがありません。
16分、センターバックの間に鋭く入ってきた縦パスを受けた小林選手が巧みなターンで入れ替わると落ち着いて流し込み先制されます…
さらに29分、浦和の攻撃を中盤で奪い返した川崎さんが”伝家の宝刀”カウンター発動!まったくムダのない縦パス2本をまたもDFライン間に通され、受け取った阿部選手が決めきり追加点!
この攻撃は美しかったですね…(敵ながら(・・;))
ただ、先制点・追加点共にDFラインの間を通されてるのはいかがなものか?
またもモヤモヤして前半が終了します。




後半

4-1(2-1) 82分 小林 84分 長谷川 (川崎)  73分 槙野(浦和)

  • 崩壊する守備
  • 崩壊するメンタル
  • 見えない闘う気持ち

後半、浦和はシステムを慣れた3-6-1に戻して臨みます。
すると少しづつですが、リズムが出てくるとラファ選手や興梠選手が惜しいチャンスを迎えます。しかし決めきれません。
ただ、リズムが完全に傾いたかというとそうではなく、川崎さんも虎視眈々とカウンターの機会を伺います。
そんな展開で先に点を取ったのは浦和。
73分、柏木選手のCKを槙野選手が合わせて1点を返します。
これで流れがくるか?と思った矢先でした…
川崎自陣からFKを頭で競られると小林選手にDFラインの裏に抜け出されてしまいます。これを遠藤選手が後ろから倒してPKを献上。さらに遠藤選手は退場処分…
このPKをキッチリ決められ突き放されると、2分後にも追加点を許して万事休す
“闘う気持ち”すら見せられることなく敗れ去りました。
※李選手への悪質なファールは許せないですし、試合展開からも必要ないプレーです!
ただただ、李選手の無事を祈るばかりです。

次回

ついにミシャ自ら「進退問題」に言及してしまいました。まあ、17試合終わってこの状況ですから致し方ありません。
ここまで悪い状況なのに改善がまったくできないのは大問題です。(しかも守備面に関しては就任当初から言われていたことです…)
チームはすぐにミシャ体制を支持して、ここから「タイトル争いに食い込みたい」と表明しましたが…正直、「タイトル争い」はいりません!欲しいのは「タイトル」です!争うだけならここ数年と変わりませんからね…「ほら、あの状況からよく盛り返したでしょ?」とか言われても癪ですし…
ただ、監督を変えるとしたらタイトルの可能性がなくなったらだと思います。正直、今の状況で引き受けてくれる人がいるとは思えないですし…

あとは10番に一言!「勝てる気がしない」状態でプレーされても迷惑です。
そんな状態なら一度外からチームを見てみればいかがですか?浦和の心臓を担ってる人がこんなことを言っていてはダメです!

また、川崎さんは「風間監督」が作り上げたベースを上手に引き継いでいる印象でした。
あとは浦和と同様に“勝負強さ”が課題になるんですかね?ACLではいい戦いをしたいです!

さあ、次回はホームに「アルビレックス新潟」を迎えます。アウェイでは大勝でしたが、内容は危なっかしい試合でした。しっかりと叩いて少しでも復調のきっかけを掴んでほしいです。

We Are Reds

ではまた。




ABOUT ME
ぽん
ぽん
札幌在住の浦和サポです。(浦和出身) 埼スタでは基本ゴール裏から観戦。浦和に関して思ったこと・感じたことを素直に書いています。 Jリーグ大好きで浦和以外の試合も観戦多めです。海外サッカーはニュースで見る程度。代表戦も時間が合えば。 夢は浦和レッズのシーズン全試合を現地観戦することです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください