浦和レッズ

“世界に挑め!! vsボルシア・ドルトムント(Jリーグワールドチャレンジ)”

なんだかんだで普段戦えないチームと試合ができるのはいいですよね!!
見てて楽しかったです!

ども

ぽんです。

さあ、今年から新設された「Jリーグワールドチャレンジ」。#スゴいやつらがやってくる が謳い文句でした。
ただ、海外にまったく詳しくないぽんは、ドルトムントで分かる選手は…オーバメヤン選手、ゲッツェ選手くらい(・・;)
(香川選手はもちろん分かります 笑)
ゴールデンタイムに全国生中継された「ボルシア・ドルトムント」戦を振り返っていきましょう!

<スターティングメンバー>
GK 西川
DF 森脇、遠藤、槙野
MF 関根、阿部、宇賀神、柏木、興梠、武藤
FW ラファエル・シルバ

まったくテストの場とは考えていなかったですね 笑
ベストメンバー、ガチンコでぶつかっていきます!

前半

1-0 24分 興梠(浦和)

  • いつもより低いプレッシャーをかける位置
  • 圧倒されるポゼッション
  • 困った時はセットプレー

試合開始から浦和は受け身になってしまいます…
ドルトムントのパススピードやポジショニングにいつもの前からの守備がまったくできません。完全に押し込まれて、失点は時間の問題かと思って見てましたが…
試合途中で表示された浦和のボールポゼッション率はまさかの26% Σ(・□・;)
ミシャが就任以来こんな数字があったでしょうか?やはりドルトムントのサッカーが機能してたのを物語っています。
しかし、最後の所は選手たちが身体を張ってやらせません。我慢の展開が続きます。
すると試合を動かしたのはなんと浦和!24分、柏木選手のCKを興梠選手が上手く身体を預けながら右足で合わせて先制点!
ここから徐々に浦和ペースになっていきます。38分には遠藤選手がDFラインの裏へ浮き玉のスルーパス、宇賀神選手がワントラップから折り返すとラファ選手が合わせます!これ以上ない完璧な崩しでしたが決めきれず…チャンスを逃します。
前半は押し込まれても我慢して、セットプレーで点を取って流れを引き戻す…という、ぜひリーグ戦でも表現してほしいサッカーでした。




後半

2-3(1-3) 85分 遠藤(浦和)
76分、79分 モル 88分 シュルレ(ドルトムント)

  • 決めきれない決定機
  • やはりミスから
  • エムレ・モル

後半も立ち上がりから浦和ペースは変わりません。
57分、西川選手からロングパスに関根選手が胸でのワントラップからDFラインに裏へ抜け出し、キーパーと1vs1になりますが…決めきれません。
60分には、関根選手の素晴らしいサイドチェンジから駒井選手→遠藤選手とつなぎ、クラスをフリーで武藤選手が合わせますがキーパー正面。
立ち上がりにあった2つの決定機…結果的に決めていればという展開になってしまいます。
ここから、ドルトムントの19歳 モル選手が輝きを放ちます!
169cmと小柄ながら巧みなボールコントロールとドリブルで浦和守備陣に圧力をかけてきます…
そして76分、モル選手にボールが入るとすかさず仕掛けます。対面していた槙野選手をワンタッチであっさりかわすと最後は落ち着いて流し込み同点になります。
さらに79分、モル選手が中盤でボールを受け取るとドリブル開始!槙野選手をまたも置き去りにします…左サイドにボールが流れますが、折り返しを再びモル選手が流し込み逆転!
まったくモル選手を捕まえることができませんでした…

しかし、浦和も反撃。85分、高木選手のCKを遠藤選手がマークを外してフリーで合わせて同点。まさしくドンピシャ!という気持ちいいゴールでした。
そして試合はあっけない幕切れを迎えます…
87分、同点ゴールを決めた遠藤選手が浮き玉をまさかのクリアミス…シュルレ選手へのプレゼントパスになってしまい、これを決められ勝ち越されます。
反撃することはできずに試合はそのまま終了します。

次回

前半のサッカーは夏場を乗り切るいいヒントになったような気がします。自分達のサッカーができないときは、「我慢してセットプレー」…勝ち点を伸ばすためには重要なことです。
そして反省点はやはり失点シーンですね。2失点目はあと一歩寄せてほしかったですし、3失点目はミスからです…
これだけ後ろが脆いと前線の選手にも悪影響が出てきてしまいます。ホントに”早く改善”してください!!

さあ、次回はリーグ戦が再開です。「セレッソ大阪」との”大阪夏の陣”です。
ホーム開幕戦では圧倒しましたが、相手は現在首位!タイトルのためには叩かないといけません。
気持ちの入った熱い試合を見せて勝ってほしいです!

We Are Reds

ではまた。




ABOUT ME
ぽん
ぽん
札幌在住の浦和サポです。(浦和出身) 埼スタでは基本ゴール裏から観戦。浦和に関して思ったこと・感じたことを素直に書いています。 Jリーグ大好きで浦和以外の試合も観戦多めです。海外サッカーはニュースで見る程度。代表戦も時間が合えば。 夢は浦和レッズのシーズン全試合を現地観戦することです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください