日本代表

“祝!ロシアW杯出場決定!! vsオーストラリア(ロシアW杯 アジア最終予選)”

ハリルはやはり並みの人物ではない…

ども

ぽんです。

見事に決めました!!ロシアW杯出場!
久々に代表戦で声が出ましたねー 笑
今回は「W杯アジア最終予選」オーストラリア戦を振り返りたいと思います!!

<スターティングメンバー>
GK 川島
DF 長友 昌子 吉田 酒井(宏)
MF 長谷部 井手口 山口
FW 乾 浅野 大迫

キャプテン長谷部選手が復帰!精神的支柱の復帰は何よりも大きかったですね。このキャプテンに日本が誇る“潰し屋”である山口・井手口で3ボランチを形成します。
そして3トップはコンディション重視で乾選手と浅野選手を抜擢。
オーストラリアを分析し尽くしたハリル監督が出した結論がこの11人でした。




前半

1-0 41分 浅野(日本)

  • 攻守の切り替えの早さ
  • 起点となる大迫
  • 値千金の先制点

序盤から試合を支配したのは日本。素早い攻守の切り替えでリズムを作ります。特に攻撃から守備への切り替えは見事でしたね。オーストラリアのカウンターをことごとく潰してました。
そして日本の攻撃を形にしていたのは、何と言っても最前線の大迫選手。自身より大柄の選手を背負っているにも関わらず、ほぼ全てのボールを収めていたのではないでしょうか?
それくらい圧巻のプレーを続けていました…

そして41分。日本をロシアへと近づけるゴールが生まれます!
左サイドで起点を作ると長友選手のクロスを浅野選手がDFラインの裏へ抜け出し左足で上手く合わせて先制点をGET!!
正直、浅野選手が目立ったのはこのプレーくらいでしたがこれ以上ない結果を残してくれました!

勢いを持って前半を終了します。




後半

2-0(1-0) 82分 井手口(日本)

  • 中盤3枚の運動量
  • 衝撃の井手口
  • 完璧だったハリルのゲームプラン

後半は前半よりも守備的な形になりましたが、そこで輝いたのは「中盤の3枚」豊富な運動量と適切なポジショニングでオーストラリアの攻撃をことごとく防ぎます。
ホントにこの3枚は最後まで見事でしたね…

なかなか追加点を奪えない展開でしたが82分、衝撃のゴールが生まれます。
途中出場の原口選手が高い位置でボールを奪取すると、粘って井手口選手へ繋ぎます。受け取った井手口選手は左サイドから中へ切り込みミドルシュート!
これ以上ないゴラッソを撃ち込み、日本のロシア行きを確実なものとします!

最後まで集中力を持ってオーストラリアをシャットアウト。
見事にロシアW杯出場を決めました!

そしてスタメン選定からゲームプランまで完璧に遂行したハリル監督。
ここまで采配が完璧にハマる試合はそうないでしょう…それがこの大一番で出るのですからやはり百戦錬磨ですね。

まとめ

さあ来年の6月の楽しみができましたね 笑
メンバーから対戦相手からまだまだ未定ですが、しっかりと代表スタッフは準備してほしいと思います。

初戦負けスタートからの劣勢を全て跳ね返した出場権の獲得は見事と言うほかありません。
ロシアでの躍進も期待して来年の6月を待ちましょう!

ロシアでも「頑張れ!日本!!」

ではまた。




ABOUT ME
ぽん
ぽん
札幌在住の浦和サポです。(浦和出身) 埼スタでは基本ゴール裏から観戦。浦和に関して思ったこと・感じたことを素直に書いています。 Jリーグ大好きで浦和以外の試合も観戦多めです。海外サッカーはニュースで見る程度。代表戦も時間が合えば。 夢は浦和レッズのシーズン全試合を現地観戦することです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください